おの税務会計事務所・創業支援

1.まだまだ会社は始まったばかりだけれど会計処理が・・・?

資金の管理は最初が肝心ですので、まずは経理の基盤づくりをご支援します。
1年たてば社長ご自身がお金の流れを見て、財務諸表が理解できるようになります。

2.これから創業しようと思っている。

創業は夢を具体化する作業です。
まずは、ご自身のやりたいこと、用意できる資金やプランをご自身の言葉で説明しに当事務所へいらしてください。
第3者に話すことができて初めて夢は実現へ向かって動き始めます。

3.創業資金融資や助成金について知りたい。

創業融資には、各市町村や日本政策金融公庫など窓口は複数あります。
業種や創業者の状況によって融資先を検討し、融資実行のご支援をします。
また、創業時のプランによっては国の助成金を活用できる場合がありますので社会保険労務士や行政書士と協力しながら検討していきます。

4. 資金調達のために「創業計画書」が必要といわれたけれど・・・?

創業計画書は融資申込みのためだけでなく、これから始まる企業経営のためには必要不可欠なものです。 創業計画なくして、成功は無いといっても大袈裟ではありません。
「創業計画書」の作成を無料でご支援いたします。
(ただし、創業後の顧問契約を前提とさせていただきます。)

5.創業後の届出など、何が、いつまでに必要なのか心配。

設立登記手続きは司法書士をご紹介いたします。
(ご自身で手続きも可能です)
また、設立後の税務関係の届出は期限を守らないとその後の優遇規定が受けられなくなるなどの不利益が発生しますので、速やかに手続きを行います。

ページのトップへ戻る