経営改善計画・決算診断/おの税務会計事務所

1.銀行から経営改善計画を出すように言われて困っている。

貸付条件の変更はしたものの、なかなか業績改善が実現していない中小企業は、今後の事業の持続可能性の意思を示す手段として、銀行等へ「経営改善計画書」を提出しなければなりません。
当事務所は認定支援機関として経営改善計画策定をご支援しています。

事前にご準備いただいた過年度決算資料とヒアリング、および
今後予定している改善対策等に関するヒアリングをもとに、
今後の目標計画および目標達成ための行動計画表を
作成支援します。

経営改善計画策定支援サービスへGo!click!

2.店舗別や商品別のコスト管理がしたい。

店舗別や商品別のセグメント会計管理を行えば、それぞれの収支を把握でき、強みや弱点が見えてきます。
会計システムの設定を整えて、管理会計システムを有効に使いこなしましょう!

3.月末の支払い時に預金残高を見ながらヒヤヒヤしている。

いわゆる“どんぶり勘定”で経営していると月末の支払い集中日 には資金が足らなくなって、結局社長が自分のお金で補てんす ることに・・・なんてこともよくある話です。
会社のお金と、社長のお金はしっかり区別して、資金繰り(キャッ シュフロー)の見える体制を整えましょう!

4.決算診断を受けてみたいけれど、具体的に何をやるの?

決算診断は過去3期分の決算書から、
(1)効率よく利益がでているのか?
(2)返済資金は足りているのか?
(3)固定費や変動費の割合は同業他社と比較して高いのか、低いのか?
などなど、会社の現状と問題点を客観的に知ることができます。
会社経営の健康診断と考えてください!
決算診断をご希望の方は、決算書をご用意のうえご相談ください。

会社の健康診断を受けてみませんか?
過去3期分の決算資料とヒアリングをもとに現状把握を行い、
貴社の5カ年予測と経営改善のための課題整理を行います。
ご提供する資料をもとに、会社の現状と将来について
ゆっくりご説明しますので「なるほど! そうなのか!」
という“気づき”のチャンスとしてください。

決算診断へGo!click!

5.企業防衛保険ってなんですか?

リスクに備える生命保険や損害保険は会社経営には不可欠です。
考えたくはありませんが、社長に万が一のことがあった場合、事業の存続が危ぶまれ、借入金の返済が重くのしかかります。
経営者のご家族に安心していただけるように、「必要保障額」に見合った保険に加入することは、経営者としての責務なのです。

ページのトップへ戻る